タクQをうまく利用しないとこんなデメリットが

タクQをうまく利用しないとこんなデメリットが

タクシー業界のことを熟知していないからこそ、情報提供側の対応力は重要です。どうしても簡易になり、親身になって求職者のために真剣に向き合ってくれる、こうしたメリットばかりの支援サイトを上手く活用するにもデメリットを知っておくのも大事です。

地方から都会へ出る前にエントリーする

タクQは、タクシードライバーとして仕事に就きたい希望者に求人情報を提供しますが、上手く利用しなければ、案内するにも活動時間が掛かります。と言うのも、会社にも特色があり、条件や希望に近い会社を探すにしても、求人情報量も桁外れに多く、それ故に選ぶのに迷いがちなど、デメリットもあります。どこに応募すべきか、窓口には業界を熟知したコンサルタントが籍をおいていますが、しっかりした意思表示は大事です。また、利用者の多さでは都市部に集中しているため、地方在住では求人情報量にバラつきが出やすいものです。エントリーしなければ、入社祝い金の支給もありません。面接時の交通費や宿泊費の負担も、応募が条件となって支給される内容で、地方から出てくる求職者を支援するにしても、優先順位は応募、都会へ進出という流れです。

独立開業するためにも利用法に気をつけるべき

記事のイメージ画像

実際、個人タクシーでの独立もありますし、タクQでも将来への独立開業の支援も担ってくれます。しかし、10年以上タクシー事業者に雇用されている条件があります。どちらにしても独立開業にはまず、支援してくれるタクシー会社を選択し、従事しなければ意味がありません。うまく利用できなければ、売上や利益など、すべてが自分に返ってくるため、リスクなく稼ぐにしても、支援制度の有無までチェックが必要です。希望条件に合った会社を紹介できるのか、入社後に稼げる営業方法を教われるのか、独立開業を目指すデメリットは、入社後、年収600万円をクリアできるのか、こうした内容にも膨れ上がります。高収入を稼げる、こうした利用法も重要視すべき点で、求人情報の詳細な内容もタクQでは掲載されています。

プライバシー保護で自分の情報が広がらない

地理に不安がある人でも、最近ではカーナビ搭載車両を用意するタクシー会社も多く、デビュー後の心配も少ない傾向です。しかし、歩合給の仕事になるため、稼ぐことが求められます。心構えとノウハウは、業界を熟知したプロからアドバイスを受けることが大事で、入社後のことでの安心感に繋がります。研修や給与保証制度が用意されているのか、こうした点も含めてから応募することも大切です。タクQのサイトの利用は無料ですが、エントリーは個人で行います。他にも、スカウトメールを受け付けることも可能です。ですが、掲載中のタクシー会社には匿名性のある情報のみ公開、個人が特定される情報はプライバシー保護もあって非公開なので、こうした盲点、デメリットも念頭に入れて、就活することも個人に言える注意事項です。

まとめ

個人タクシーの開業や独立、将来の安定など、目的は異なるものの、タクシードライバーを目指している方は、タクQの就職相談、エントリーを上手く活用すべきです。情報収集、連絡、そして応募などでのデメリットをメリットに変える方法のチェックも求職者には必要です。

●【タクQ】は、タクシー会社選びも手伝ってくれます。入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像